かみの毛くるくるまちぼうけ

茨城県つくば市在住。20代半ば。主に読んだ本、聴いた音楽の感想をわたくしごとも交えつつ。

トパーズとサファイア

久々に予定のない1日を迎えたので、穴の空いたスーツを修繕してもらいにバスで15分ほど移動した帰りは歩くことにした。
近頃は都内に出向くことが増えて、ますますつくばの止まぬ寒さを実感する。昨日の市ヶ谷では5分咲きを越えた桜も見られたけど、今日のつくばはまだまだこれからといった様子だ。
でも蕾だって見ていて嬉しい気分にさせてくれる。冬眠明けの巣穴から外の様子を伺うリスのようだ。

今年でつくばに移り住んで9年目になるけど、こうして長らくこのまちから動かないのは、仕事にせよなんにせよ自分を必要としてくれる人がいるところに身を置きたいと考えているからだ。
ひとところに留まり続ければいずれは変化のなさに発狂してしまうのではないか、と自分の身を危ぶんだこともあった。でもそんなことはついぞ起きず。むしろ同じ行動サイクルを繰り返すことで微かな変化に気づくことができるようになっていて、飽きのこない毎日を送ることができている。
そんな話を先日職場の先輩としながら、まさにそれを体現している筑波山を窓から眺めたところだ。

ただ、つい最近になって別のあるところに気持ちが向くようになっている。今の居所に飽きたなんてことではないんだけど、その場所からの引力のようなものがある気がするのだ。そのエネルギーの主は、土地柄なのか、はたまた特定の人物なのか、そのどちらともなのか。たぶんどっちもだ。
引力に素直になったらどうなる。

Radka Toneff The Moon Is A Harsh Mistress - YouTube

アルビレオという連星を宮沢賢治はトパーズとサファイアに喩えた。肉眼だとひとつの星のようで、よくよく見るとふたつの美しい星がくるくると回り続けている。
f:id:yoyakumi:20160327235203j:image
どこで生きていくかはどうでもいいことではないから、その地に移り住むか、あるいは連星のように釣り合いをとってくるくる回り続けるか。

CD制作そして偶然とは何か

高校時代、進路指導の時間、毎度のように調査票の志望校もしくは学部の欄を書き変えていたら、担任の先生かだれかに「あんたは何になりたいの」と問われた。

「文筆家ですかね

と、文筆家のなんたるかもわからないままそう答えたけれど、ブログの更新もままならない以上あまり向いてはいなさそうだ。

そうとわかれば気負う必要もなし。考えたことや報告、読んだ漫画や観た映画の感想はもちろん、ビジネスモデルの提案や政策批判、ダイエットのレポートでも試合(合コン)の結果でも隣の建物の色がだんだん青くなっていることでも何でも、書きたいことがあれば書いてみること。

なんでも続けてみれば少しは説得力を持つようになる。その度合の変化の観察も面白そう。

 

おとといの夜は先月レコーディングした音源のリリースまでのプロセスや、パッケージング、媒体といった具体的な部分を、つくば市天久保3丁目のFlowで話し合った。といっても彼から繰り出されるアイデアに圧倒されっぱなしで相槌を打つのが精いっぱいだったというのが実のところ。

ただその中でジャケットのイメージの話になった時に、こんな感じ、といって示されたのがJakob Broの"December Song"のアートワークだったのには驚いた。

f:id:yoyakumi:20150623043357j:plain


Vinterhymne (December Song, 2013) - YouTube

そのことを直接言った覚えはないはずなのだけれどもそれは昨年の冬くらいからフェイバリットであり続けている作品で、厳冬の暖炉のような暖かさ、その暖炉の前で母が編んだ手編みのマフラーのようなやわらかさが、夏を迎えようとしている今でも嬉しく感じられる。ここにある感触を紡ぎだせるギタリストでいたい。

すこし話が逸れたけど、こんなことにも「"偶然"そんなことがあったんだ」と話の(そしてブログの)ネタにしたがるくらいには"偶然の一致"みたいな出来事に関心を持っている。

より正確には、「"偶然の出来事"などに見いだされうるこれから自分の身辺に起きる事の予兆」って本当にあるのかな、と。でも、そういう意味ではさっきの"December Song"は採用すべきものとしてほぼ"直感的"に捉えられたので、「こんな感じでいきましょう」と答えた。

たぶん"偶然"や"予兆"や"直感"、他にも繰り返される"夢のお告げ"なんかは、とても密接に関連していることなんだと思うし、それこそ誰かの手によって表現されるべきものとして"降ってきたもの"なんだろう。

そういう"声"は聞き逃さずメモしておかないと、すぐ忘れてしまうからね。今までどんな大発見を素通りしてきたかを思うと噛み締める手拭いが足りない。

(※"○○"の語句は本稿でほぼ同義語として用いています。)

 

隣の林のキジバトが「ホッホー、ホホーホー、ホッホー、ホホーホー、ホ・・・」とまーた途中で鳴くのをやめたのが「もうそのへんにしといたら」と受け取れたので寝る。おやすみ。

桜の国

曇天に散りゆく桜も、それは雨がこの季節だけその姿形に化けているように思えばとても素敵に思えて、大学時代の友人と近所の公園に来た。

スガヤコーヒーで買った菜の花チキンカレーを食べようと座れるところを探していると、小さな自転車を押しながら小学生の女の子が近づいてきた。仮にNちゃんとして、私はY。

N「どうしましたか?」
Y「今ね、濡れずに座ってごはん食べられる場所を探してるんだよ」
N「それなら、一番いいとこ知ってる!ここ!」

25歳のふたりと10やそこらの女の子との活発で詩的なひとときが始まった。

あやとりやなわとび、

かくれんぼや桜集め。

落ちた花が地面の草に乗る様を見ては、

「見て見て!地面に桜が咲いてる!」

か弱くも元気な指先にくっついた花びらに気づけば、

「ねえ、どう?桜のマニキュア!」

ずっと欲しくて、でもそれが何だったのかがずっと思い出せなかった。
花の雨の公園で出会った女の子が教えてくれた。
きっと花の妖精なんだろう。また1年後に来てみよう。